ヒューロムジュース

ジュース一杯から始める毎日の健康習慣

ロンドン大学が8年にわたり、約6万人を対象に、
野菜・果物の摂取量と疾病により死亡率の関連性を研究。

2014年3月に発表されたレポートでは、野菜・果物を1日に560g以上摂取すると

早期死亡率42%、がんによる死亡率25%、心臓病での死亡率31%が減少する

結果が報告されました。

[ロンドン大学2014年研究]

生きた酵素

食べ物をエネルギーに変換させるために必要な酵素は加齢と共に減少します。
消化促進・自然治癒力アップ・老廃物の排出促進・免疫力の向上など、

その働きは生命維持に欠かせないものばかりです。

熱に弱く、約48°Cを超えるとダメージを受けて効能が期待できません。

新鮮な生の野菜・果物を日常的に摂取しましょう。

年齢別体内酵素減少のイメージ

ファイトケミカル
体を健康に保つ栄養素

果物・野菜に含まれるファイトケミカルは、その食物の色・香り・味を左右し
様々な有害物質からあなたの体を守ります。
White
ケルセチン

juice01

高血圧改善・肝臓の
脂肪代謝促進
Yellow
ベータカロテン

juice02

美肌・免疫力アップ
Purple
アントシアニン

juice03

心血管系疾患の改善
Red
リコピン

juice04

抗がん作用・
血管機能の強化
Green
ルテイン

juice05

グラス一杯で手軽に

種や皮の栄養まで、自然の栄養を余すことなくまるごと摂取

野菜や果物の栄養をヒューロムジュースで素早く摂取

細胞を傷つけず、最後の一滴まで濃厚でなめらか

ヒューロムスロージューサーと高速ジューサーで実験してみました。
高速ジューサーでは鋭い刃が高速で回転するため、トマトの細胞壁を壊してしまう一方、

ヒューロムスロージューサーではゆっくり圧搾する方式により、細胞を壊すことなく

本来のトマトそのままのジュースが搾れます。
トマトを搾汁してから5分後の様子

高速ジューサーとの栄養量比較


PAGETOP
お問い合わせプライバシポリシーよくある質問