LOADING

logo

さつま揚げ

ヒューロムの搾汁レバーを応用した料理メニューです。 寒い冬にはおでんに加えても。

分量: 5~6個

さつま揚げ
材料
  • 白身魚(たらなど)350g
  • えび(皮むき)13匹
  • ニンジン1個
  • 玉ねぎ1/2個
  • 小麦粉大さじ2
  • 片栗粉小さじ2
  • こしょう適量
  • 塩、ゴマの葉、唐辛子お好み
作り方

1.食材の下準備をする。
-にんじん、玉ねぎ、唐辛子は投入口に入る大きさに切る。
-えびは背わたをとり、白身魚は皮や骨を取り除く。
31-1

2.ドラムに目が粗いスムージーストレーナーをセットし、レバーをCLOSEにする。

 

3.玉ねぎ→唐辛子→にんじんの順で搾る。*最後ににんじんは2~3個残しておく。
31-3

 

4.レバーを半開にし、えびと白身魚を投入し切れたら3の残りのにんじんを投入する。
*硬いにんじんがドラムの中に溜まっているえびと白身魚を押し出してくれます。
31-4

 

5.3と4の搾りかすに小麦粉と片栗粉を加えてよく混ぜる。
*小麦粉と片栗粉を混ぜ合わせたら、よく練ることで、より滑らかな食感になります。
31-5

 

6.油にあげやすい形に作り、お好みでコマの葉を包んでもOK
31-6

 

7.油の温度は160℃くらいで全体的に焦げ目が付いて揚げたら完成。
31-7

ピックアップ