LOADING

logo

NUTRIENTS IN NATURAL FOODSブドウGrapes

ブドウ

甘味と果汁たっぷりのブドウは脳のエネルギーになるブドウ糖や果糖が主成分。これらの糖分は体内で素早くエネルギー源になるので、即効性の疲労回復効果があります。ブドウの色素は抗酸化作用のあるポリフェノールの一種であるアントシアニンとレスベラトロール。黒、赤、緑色の皮の色は色素の量によって決まります。

詳しく見る

“畑のミルク”

旬の時期
海外産:通年  国内産:8月~10月
成分と栄養素
炭水化物、カリウム、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB1、食物繊維などを含みます。 色の濃いブドウの皮にはポリフェノールであるアントシアニンが、果実には色の系統は関係なくレスベラトロールが含まれています。皮の表面につく白い粉「ブルーム」には抗酸化作用の高いオレアノール酸が含まれるため、栄養価を考えると皮ごと食べられるブドウがお勧めです。
期待される効果
疲労回復
ブドウは果糖、ブドウ糖などの糖質が主成分。体内で素早くエネルギー源になることに加え、糖質の代謝を助けるビタミンB1を含むため、疲労回復に効果を発揮します。
視覚機能の改善
アントシアニンは視覚に関係するロドプシンというたんぱく質の再合成を助けます。そのため、目で見たものを脳に伝える作業をスムースにし、目の疲労を癒すだけでなく、視覚機能の改善に役立ちます。
生活習慣病予防
血管のしなやかさを維持するレスベラトロールと内臓脂肪の蓄積を抑えるアントシアニンが心臓病や糖尿病、動脈硬化といった生活習慣病予防に役立ちます。
美肌効果
ポリフェノールの抗酸化作用が活性酸素からお肌を守ります。また、メラニンの生成を抑える効果があるとされるレスベラトロールにより美白効果が期待されます。
腸内環境を整える
ブドウに豊富に含まれる水溶性食物繊維は、便の水分量を増やして柔らかくするほか、腸の善玉菌のエサになるので、腸内環境の改善に役立ちます。
おすすめ関連コラム

TIPS

色素(ジュースの色素)
薄緑(実・皮なし)/紫色(皮あり)
水分量
やや多い
硬さ
柔らかい(実・皮なし)/やや柔らかい(皮あり)
*水分量・硬さは目安です。栽培方法や気候、時期などで個体差があります。
おすすめの搾り方
実が柔らかい食材なので、ブドウをメインで搾る場合は粗目のストレーナー(フィルター)をオススメします。ブドウ本来の甘みがしっかり引き出されたジュースに仕上がります。 ニンジンやリンゴなどの硬い食材と搾る場合は細目のストレーナー(フィルター)を使用すると、不溶性繊維の少ないさらっとしたジュースとして飲むことができます。
レモンやライムなど酸味をアクセントとして加えるとすっきりと飲みやすくなります。
ジュース以外のおすすめの食べ方
栄養をのがさず、皮ごと調理
〈加熱調理して食べる〉
皮のついたブドウと砂糖を鍋に入れて、とろみが出るまで煮込みます。とろみ成分のペクチンを含むブドウはジャム作りに適しています。
彩りよく味わう調理
〈生食で食べる〉
厚い皮が苦手な方は、皮が薄い品種(ナガノパープルやシャインマスカットなど)を選ぶと良いでしょう。

監修:Hurom、管理栄養士 山本 理江(やまもとまさえ:@masae.yamamoto421

ブドウを使った
レシピ一覧

  • ブドウ・梨を使った秋のフルーツジュース
    ブドウ・梨を使った秋のフルーツジュース
    ブドウと梨の甘みに、ライムの酸味がきいたジュース
  • ぶどうジュースたっぷり使った♪ちぎりパン
    ぶどうジュースたっぷり使った♪ちぎりパン
    皮ごと搾ったぶどうジュースを混ぜ込んだ栄養パン
  • 秋の旬 ぶどうジュース
    秋の旬 ぶどうジュース
    秋の旬!ぶどうの皮や種まで丸ごと楽しもう♪
  • 紫キャベツとぶどう
    紫キャベツとぶどう
    抗酸化作用が高いと言われるアントシアニンがたっぷりの紫色のドリンク。
  • 秋の味覚を味わう!ぶどうと梨
    秋の味覚を味わう!ぶどうと梨
  • ぶどうジャム
    ぶどうジャム
    ヒューロムスロージューサー でぶどうジャムを作ってみましょう。