LOADING

logo

搾りかすを活用した「のし鶏」

ジュースの搾りかすとなる野菜をたっぷり使用した、冷めても柔らかくて美味しいおせち料理

分量: 4~5名分

搾りかすを活用した「のし鶏」
材料
  • 鶏ひき肉300g
  • 溶き卵大さじ2
  • 白ごま適量
  • 片栗粉適量
  • サラダ油適量(小さじ1程度)

  • ○搾りかす
  • にんじん1本
  • りんご1/4個
  • ほうれん草1株

  • ○A
  • しょうゆ大さじ2
  • みりん大さじ1
  • 砂糖大さじ1/2
作り方

1.にんじん、リンゴ、ほうれん草をジューサーを適当な大きさに切って搾汁し、しぼりかすをとっておく。
ジュースはそのまま楽しんで!

2.鶏ひき肉、1のしぼりかすをビニール袋に入れ、白っぽくなるまでよくもむ。

30-2

 

3.Aの調味料を加え、よくもんだら、溶き卵と片栗粉も加えてビニール袋に入れたまま混ぜ合わせる。

30-3

 

4.ビニール袋の中で厚さ1.5㎝程の長方形に型作り、真ん中で2つに分ける。

30-4

 

5.ビニールの両端をハサミで切って開き、形成した生地の上に片栗粉を振りかける。

30-5

 

6.フライパンに油を熱し一度火を止め、5の半分の生地を片手に一度乗せて裏のビニール袋をはがし、フライパンに入れる。生地の上に白ごまをまぶして上から手で軽く抑える。

30-6

 

7.焦げやすいので弱火で注意しながら焼く。片面が焼けてふちが固まったら、崩さないようにへらで返して反対の面も焼き、蓋をして蒸し焼きにしながら弱火で3~4分、中に火が通るまで焼く。もう1枚も同様に焼く。

30-7

 

“のし鶏と言えばおせちの定番ですが、肉と卵をこねて焼き固めてあるので、おせちとして食べる時には冷めていて固くなってしまうことも。でも、スロージュースを作ったときにでる搾りかすを入れると、生地全体がふんわりと焼きあがり、冷めてもフワッと柔らかくて美味しいのです。
また、おせち料理は、野菜料理が少なく野菜不足になりがち。水気を多く含む野菜は日持ちが悪く、長持ちさせたいおせちには不向きなのでなかなか使われません。でも、水分を殆ど含まないスロージュースの搾りかすを使えば、おせち料理に簡単に野菜を加えることができます。”

レシピ制作:料理家 りんひろこ
http://minato-kitchen.com
ピックアップ